品川、蒲田の風俗の歴史・特徴

■品川、蒲田の風俗の歴史・特徴

【品川の風俗の歴史・特徴】

今も交通の要所である品川 品川は古くから交通の要所として利用されていました。
奈良、平安時代には都(京都)への中継地点として厩(うまや)があり、江戸時代には交通量の多かった東海道の第一宿場でした。
現在でも新幹線の発着駅がある事から、地域としての特性にあまり変わりは無いようです。
品川は電車、車、船(品川区は海沿いにあります)の交通の便を生かして東京への入り口としての側面を持ち、ビジネス街として発展しました。
品川の人口は夜に対して、昼が1.4倍にもなり、人の流れがとても盛んな都市なのです。

そんな品川の風俗事情ですが、都市再開発により新しく建てられた建物が多い為、店舗型風俗店(ソープランドやファッションヘルスなど)よりも派遣型風俗店(デリヘルやホテヘルなど)が多いのが特徴です。
また、新幹線の発着駅がある為、付近にはビジネスホテルやラブホテルなどの宿泊施設が充実しています。
デリヘルやホテヘルなどの派遣型風俗にとっては大きな利点です。
新幹線の利用客には県外からの出張客や旅行客も大勢います。そして旅先では羽を伸ばしたくなるものです。
ここまで条件が揃えば、品川でデリヘルやホテヘルなどの派遣型風俗が発展することはもはや必然と言えるのではないでしょうか。

【蒲田の風俗の歴史・特徴】

蒲田の特徴は、何と言っても地域密着型が挙げらます。
品川に対して蒲田は昼と夜とで人口密度がほぼ変わりません。
つまり、蒲田内での人間関係がとても濃密のようです。
蒲田は「下町」や「ものづくりの町」というイメージが強いが、中小企業の多い町工場が長い間、存続出来るのも卓越した職人技に加えて、古き良き日本の特徴であるご近所付き合いによる相互協力の精神が根付いていることも大きいのではないだろうか。

蒲田の風俗事情は、ピンサロの多さが特徴的だ。
そして、蒲田のピンサロ店の多くはオフィシャルサイトを持っていない。
インターネットが当たり前となった情報化社会において、ネット上での集客施策としての第一歩であるオフィシャルサイト。
蒲田の風俗店に限らず、いや風俗店に限らずオフィシャルサイトを持っていることは当たり前だと思っていた。
が…蒲田のピンサロ店の多くは持っていない。
ピンサロは、店舗型風俗の為、結局は風俗店に来てもらう必要があるとか、サービス単価が安いので他の風俗店よりも利益が上げ辛いなどの理由は色々とありそうだが、ここにも地域に密着した経営で成り立っている、という理由がある気がしてならない。
ちなみに蒲田にはデリヘルやホテヘルなどの派遣型風俗店もあるが、品川や五反田と一括りにして営業しているケースが多い。

↑ PAGE TOP